Investing Club 10/06

投資

米国の元ヘッジファンドマネージャーであり、人気投資番組のMCでもあるジム・クレイマー氏が最近『CNBC Investing Club』というメルマガ的なものを始めました!

個人的に意見を参考している投資家さんの情報なので備忘録的な側面が強いですが、まとめて共有してみようと思います。

下に登録URL貼っておきます。

今のところ無料で、メアドを登録するだけの簡単設定です。

Investing Club (cnbc.com)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Costco(COST)

日本では商標の問題で「コストコ」と呼ばれますが、米国では「コスコ」が正式名称みたいですね。

全世界展開の倉庫型スーパーマーケットチェーンです。


直近の決算では、この強烈なインフレ環境においても、その規模と集客力で他社よりもサプライチェーン問題を上手く乗り切っています。

更に有料会員制プログラムも拡大し、市場シェアを伸ばしています。

Costcoは勝者であり、株価が下がってもそれはお宝ポジションとなり、将来的な利益に繋がるでしょう。

Wal-Mart(WMT)

ウォルマートは世界最大級のスーパーマーケットチェーンです。

日本には実店舗としてはありませんが、かつては西友などの大株主として参入していました。

現在は楽天のネットスーパー部門と提携をしています。


我々ウォルマートは今年ずっと市場平均をアンダーパフォームしていたが、それ自体が自社を諦める理由にはなりません。

我々は、売りがひとまず終了したと考えていて、最近の130㌦半ばから後半への下落によりようやく買い場になったと考えています。

今年に入って5%以上の下落となっているが、株価は割安であり、そろそろファンダメンタルズに追いつく可能性があると考えています。

経営陣は2四半期連続で業績見通しを引き上げていて、コロナ後により強固なポジションを確保できると考えています。

American Eagle Outfitters(AEO)

衣料品販売大手のアメリカン・イーグルです。

日本国内でも見かける店舗ですね!


現在の綿花価格の急激な上昇と、ベトナムからの潜在的なサプライチェーン問題のため、この企業に対して市場は非常に神経質になり売られています。

しかし、デニム需要が数年周期で変化する可能性があり、その恩恵を受けられる企業でもあります。

また経営陣が売上よりも収益性を重視するようになったことで、収益の勢いが増しているのはいい傾向です。

PERは13-14程度と非常に割安な株価で推移しています。

2021年10月6日現在の株価で「24.7㌦」の同社に「42㌦」の目標株価を設定しているJPモルガンのアナリストは、現在のレベルには大きな上昇余地があると見ています。

配当利回りは2.91%と安定した還元をしています。

アメリカン・イーグルはこの利回りが、過小評価されたストーリーへの忍耐力に対する補償になると考えます。

投資日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント